ウェブサイト作成後のインデックス時期

ウェブサイトを作成したあと、サイト登録を申し込むかと思いますが、はたしてどのくらいの時期に申請したらいいのかという問題もあります。

関連サイトがある場合は、そこからリンクしておけば、自然とリンクされるものと思います。

けれども、手持ちのWEBサイトがない場合、どこからもリンクすることができないので、やはりサイト登録を申請することになるかと思うのです。

ただ、グーグルの場合は、わざわざ登録申請しなくても、はやければ数日ぐらいでインデックスされるような気もしたりです。

インターネット上では、隠れてWEBサイトを作成することが難しいほど、たいていの場合は何かしらウェブアドレスがわかってしまうものだと思います。

当ブログの場合も、まだ開設してから数日しか経過していないのですが、すでにグーグルにはインデックスされているようなのです。

ブログなので ping 送信もしてはいるのですが、たぶん、ブラウザにグーグルツールバーを設置しているので、ウェブ履歴あたりのリンクからたどってきたような気もしないではないです、、。

もしくは、本サイトの方と相互リンクしているので、そちらからかなっていう気もします。

あくまで自然な形でインデックスされるというのが一番いいのかなと思うのです。

posted by hpなクリエイター | WEB作成

新規取得ドメインでのWEB作成

WEBサイトを作成する際、何かと迷ってしまうのは、新規で独自ドメインを取得するのか、それとも既に運用しているドメインで作成するのかという迷いもあったりします。

これは主に、新規で取得したドメインは検索結果に現れにくい「エイジングフィルタ」があるからですが、かといって、サーバー付属のサブドメインや既に運用済みのドメインを使うのはどうかという気もします。

当ブログの場合は、約1年ぐらい運用している独自ドメインにサブドメインを追加したものですが、メインのサイトでないブログなどの場合は、運用済みのドメインを使うのもいいかと思います。

けれども、やはり、本格的にWEBサイトを作成しようとする場合、新規にドメインを取得した方がいいかと思うのです。

既にあるドメインや中古ドメインなどを使用する場合、以前の雑音が入ってしまう可能性もあります。

以前に運用していたサイトの被リンクがいい方向に向かうこともあれば、悪い影響を及ぼす可能性もあるわけですので、そのようなリスクは極力控えた方がいいかと思うのです。

私が思うに、どの道、新しくWEB作成しようとする場合、なんだかんだで、ある程度完成するまでには数ヶ月かかってしまうものです。

エイジングフィルタを解除するために、トップページだけ作成してインデックスしてもらい、1年ぐらい寝かせて置く人もいるようですが、そこまでする必要はないものの、やはりゆっくりじっくりWEB作成していくことが大切なのではないかと思います。

posted by hpなクリエイター | WEB作成

ウェブ作成にある程度のデザイン性を

ウェブ作成のポイントとして、コンテンツの充実とデザイン的な見栄えの部分をどのような割合で作っていくのかという悩みも存在します。

アフィリエイトサイトを作成する場合だと、コンテンツ重視でもかまわないかと思いますが、やはり、購入を前提とするようなショッピングサイトだと、デザイン面も重要視しなくてはなりません。

いざ購入しようと思った際でも、デザイン面がいまいちだった場合、心理的な障壁がかなり高くなるものです。

芸術的なデザインのサイトというのも、それはそれでなかなか購入しずらいものですが、ある程度はきちっとしている必要性もあるかと思います。

ただ、デザイン的にきれいであっても、商品のカテゴリわけがばらばらだったり、売り切れ商品の画像がいつまでも残っているケースなど、コンテンツ内容の面で「はたして大丈夫だろうか?」となってしまうケースも多かったりします。

そういった面からいっても、せっかくいい商品を販売していても、ウェブ作成がいまいちなために、購入に結びつかないというケースも多いです。

特に、ウェブデザインとしては、画像を用意するケースが多いと思いますが、できばえのよくない画像を挿入するよりも、テキストのみで作成した方がまだましです。

画像バナーは、ちょっとしたバランスや色彩の違いでウェブサイト全体のイメージをがらっと変えてしまうことにもつながってしまいます。

逆に、サイト内容はいまいちでも、バナー画像の見栄えがよければ、ある程度は読まれるものだと思ったりもします。

画像をサイトに取り入れる場合は、ある程度のお金をかけて、WEB作成会社に依頼した方がいいかと思います。

posted by hpなクリエイター | WEB作成

自分でやろうweb作成

web作成は、ホームページ作成会社に依頼すると料金的にけっこうな見積もりを返されることが多いです。

けれども、はたして、そこまでお金がかかるものなのだろうか?という気もしてしまいます。

もちろん、web作成の初心者さまからしてみると、どのくらいの費用がかかるのかはまったく見当もつかないものかもしれませんが、実質的な費用といえば、ヤフカテ登録やSEM関連のアクセスアップ的な面がほとんどかと思います。

イメージ画像なども、一見すると高価で手間がかかっているように感じることもありますが、どこかで見たような画像だな?と思うケースも多いはずです。

有料画像を購入してのweb作成というケースも多いはずですので、実際のところはそれほどかかっていないということが多いかと思います。

画像などをこちらから提供する場合などはもっと安く済むケースも多く、gimp などの高機能な無料フォトグラフィックツールを使えば、実質的な費用はかからないはずです。

レンタルサーバーや独自ドメインの取得費用といっても、実質的に月額1万もあれば、JPドメインでけっこうなサーバーを借りれるはずです。

ただ、企業用のウェブ作成ともなると、SSLやクレジット決済、メール配信システムなどが必要になるケースが多いかと思います。

たまに、通販サイトなどでも、決済は銀行振り込みのみで、クレジットカードには対応していないというサイトもありますが、若干、クレジット決済などは面倒くさいかもしれません。

そのようなわけで、ちょっとした個人商店などの場合は、自分でウェブサイトを作成してしまった方が、費用も安くなりますし、集客効果などに関しましても、自分で費用対効果を確認できるメリットもあります。

SEO対策やweb作成など、これといって資格が必要なわけでもないですので、自分で作成してしまうというのが一番かと思います。

posted by hpなクリエイター | WEB作成

WEB作成のポイントをご紹介

WEB作成の方法にもいろいろありますが、ホームページやブログ、掲示版、最近ではツイッターなども人気が出ているようです。

無料ブログサービスを利用すれば、WEB作成も非常に簡単にできますし、htmlやcssの知識がなくても、コンテンツさえ面白ければ、ある程度のアクセスもあります。

ただ、ワンランク上のウェブサイトを作成する場合には、やはり、独自ドメインを取得してホームページで作成するのが一番いいです。

というのも、無料ブログサービスなどの場合、まず広告表示がされますし、ドメインも結局はレンタルサービス会社所有のものですので、自分の自由にはできません。

1ページ更新するごとに、利用しているサーバー会社のドメインの価値が上がっていくというのが実際のところです。

それならば、自分で独自ドメインを取得して、その自分のドメインの価値が上がるような、そういうWEB作成をした方が、結局は更新のはげみにもなるものです。

当サイトでは、はじめてWEB作成をする際のポイントをご紹介しています。

実際のhtmlやcssの記述方法などに関してはふれませんが、サイト作成の基本的な知識についてご紹介します。

posted by hpなクリエイター | WEB作成