ウェブ作成にある程度のデザイン性を

ウェブ作成のポイントとして、コンテンツの充実とデザイン的な見栄えの部分をどのような割合で作っていくのかという悩みも存在します。

アフィリエイトサイトを作成する場合だと、コンテンツ重視でもかまわないかと思いますが、やはり、購入を前提とするようなショッピングサイトだと、デザイン面も重要視しなくてはなりません。

いざ購入しようと思った際でも、デザイン面がいまいちだった場合、心理的な障壁がかなり高くなるものです。

芸術的なデザインのサイトというのも、それはそれでなかなか購入しずらいものですが、ある程度はきちっとしている必要性もあるかと思います。

ただ、デザイン的にきれいであっても、商品のカテゴリわけがばらばらだったり、売り切れ商品の画像がいつまでも残っているケースなど、コンテンツ内容の面で「はたして大丈夫だろうか?」となってしまうケースも多かったりします。

そういった面からいっても、せっかくいい商品を販売していても、ウェブ作成がいまいちなために、購入に結びつかないというケースも多いです。

特に、ウェブデザインとしては、画像を用意するケースが多いと思いますが、できばえのよくない画像を挿入するよりも、テキストのみで作成した方がまだましです。

画像バナーは、ちょっとしたバランスや色彩の違いでウェブサイト全体のイメージをがらっと変えてしまうことにもつながってしまいます。

逆に、サイト内容はいまいちでも、バナー画像の見栄えがよければ、ある程度は読まれるものだと思ったりもします。

画像をサイトに取り入れる場合は、ある程度のお金をかけて、WEB作成会社に依頼した方がいいかと思います。

posted by hpなクリエイター | WEB作成